【ゴールデンウィーク休業に伴う、商品発送とお問合せについて 】
【ご注意】Audials ご案内メール (英文) について
Audials 2019 がついにリリース! Audials 2019 へアップグレードによる利点を確認しましょう! 詳細はこちら

» Audials チュートリアル »

録音・録画したファイルの保存先を変更する


ファイルの保存先をローカルディスク、クラウド、USB へ変更する方法

ファイルの出力先を変えれば、もっとAudialsを使いこなせる!

Audialsのファイルの出力先は、クラウドやスマホなど、様々に変更することができます。

録音・録画する形式をスマートフォン用 (MP3 や AAC など) にして、USB で繋いでスマートフォンを出力先にすれば、いちいち動画や曲を移す手間なく楽しめます。iTunes やローカルディスクに直接保存することもでき、クラウドや USB を保存先にすれば、データがたまりすぎて容量不足になる心配も不要です。

ここでは、録音・録画するファイルの出力先 (保存先) を
 ・ローカルディスク (iTunes)
 ・クラウドストレージ
 ・USB
に設定する方法をご紹介します。
ぜひ、ファイルの保存先を好きな場所に変更して、Audials を快適に使いこなしましょう!

ローカルディスクに変更する

① 画面左下のオプションボタンをクリックし、オプション画面を開く。

②「ストレージと出力」の「ファイル名、ディレクトリの設定」をクリックする。

③「音楽フォルダ」「動画フォルダ」横の「…」をクリックし、指定したいフォルダを選択する。

④ iTunes に追加する場合は、「iTunes Media」の「iTunes に自動的に追加」を選択し、「OK」をクリックする。

このように設定して録音・録画を実行すると、ファイルは自動的に iTunes へ保存されます。
iTunes に保存して iPhone 等で再生する際には、iOS 製品向けファイルである「AAC / MP4」ファイルに変換する必要があります。詳しい手順は、音楽や動画を直接iTunesに送る方法をご参照ください。

クラウドストレージを出力先にする

① 画面左下のオプションボタンをクリックし、オプション画面を開く。
②「ストレージと出力」の「クラウドストレージの追加」をクリックする。
③ 各クラウドサービスを選択し、既存アカウントへログインするか、新たにアカウントを作成する。

④ 追加されたら「OK」をクリックして画面を閉じる。

⑤ 画面下部の「ストレージ」ボタンをクリックし、設定したい出力先のクラウドサービスを選択する。

このように設定して録音・録画を完了すると、ファイルは自動的にクラウドへと保存されます。



USBを出力先にする

① 画面左下のオプションボタンをクリックし、オプション画面を開く。
②「ストレージと出力」の「スマートフォン、USB の追加」をクリックする。

③ 保存先として設定したい USB デバイスを選択し、「次へ」をクリックする。

④「録音/録画の出力フォルダ」が希望通りに設定されているかどうかを確認し、「OK」をクリックする。

⑤ 画面下部の「ストレージ」ボタンをクリックし、設定したい出力先の USB デバイスを選択する。

このように設定して録音・録画を完了すると、ファイルは自動的に USB デバイスへと保存されます。



いかがでしたでしょうか。
保存先のデバイスで再生できるように、保存する際のファイル形式を使用するデバイスに合わせて設定しておくことが必要です。
出力形式設定は、画面下部の「形式」ボタンから行えます。


超高速、超コンパクト、超パワフル Razer Blade 15 - 世界最小の 15.6 インチゲーミングノートパソコン