【ご注意】Audials One 2018ご案内メール(英文)について

» サポート »

Audials 製品の利用と法的情報


Audials の記録機能は、どういった仕組みででしょうか?

・録音/録画の仕組みについて


Audials は多くの機能を備えた製品ですが、その録音/録画の仕組みは非常にシンプルです。 それにより、インターネットでもローカルでも様々なソースから提供される音楽と動画を録音/録画することができます。

しかしながら、ここで重要な点が一つ。 音楽でも動画でもすべてに共通していることがあります。 Audials 製品は 「コピー保護 (暗号化) されていないデータのみを録音/録画する」、ということです。 DRM (Digital Rights Management: デジタル著作権管理) により暗号化されたデータの場合、Audials は、製造元やサービスプロバイダが提供するソフトウェアによって再生されたものを録音/録画します (そのような形で再生できるということは、あなたが有効なライセンスを購入、所持していることを意味します)。 この場合に限り、 Audials は暗号解除された状態で再生されているデータにアクセスし、 PC のスピーカーから再生される音を録音します。動画の録画の場合も同様です。 したがって、Audials 製品は暗号化データに決してアクセスしませんし、その解除を試みることもありません。例えて言うならば、お使いのコンピュータースクリーンやスピーカーの前にビデオカメラやテープレコーダーを設置して録音/録画しているようなものです。 基本原理はそれと変わりませんが、Audials は画質も音質も最高品質で録音/録画することができるのです。

Audials 製品は、ビデオデッキや DVD レコーダー、テープレコーダーなどとカテゴリとしては同じに属します。

・Audials は P2P ソフトですか?


いいえ、 Audials 製品は個人でのご利用に限定したもので、違法なファイル共有を許可するものではありません。 P2P ソフトなどを利用し、著作権で保護された著作物を再配布したり、入手したりすることは違法となり、そのようなサービスを共有すると他のユーザーを危険にさらす可能性がありますのでご注意ください。

・コピー保護の 2 つのタイプ


1) コンテンツ転送の保護

コンテンツはインターネットなどを経由して暗号化された形で転送されます。 続いてそのコンテンツはウェブブラウザーや再生ソフトで暗号化が解除され、グラフィックカードを通じて保護されていない形で画面に出力されます。 このタイプの保護はほとんどすべてのビデオオンデマンドサービスで使用されており、DVD も同じです。このようなコンテンツは、Audials の画面録画機能によって、「コピー保護技術を解除することなく」録画することが技術的には可能です。 ただし、ユーザーがそれを許可されているかは、コンテンツサービスや製品の使用条件により異なります。

2) コンテンツ表示の保護

コンテンツはインターネットなどを経由して暗号化された形で転送されます。 さらにコンテンツは再生ソフトによって画面に送られる際にも暗号化された形のままです (これは HDMI 機器などの対応したディスプレイでのみ可能です)。 最後にディスプレイがコンテンツを表示する直前にそのデータの暗号化を解除するため、コンピューターがそのデータにアクセスすることはできません。 このタイプの保護は現在 Blu-ray ディスクでのみ利用されていますが、Audials ではそれを録画することはできません。 Audials はコピー保護の解除は一切行いません。


Razer Blade Stealth - Core i7と4K液晶搭載の12.5型Ultrabook™超薄型ノートパソコン