» Audials チュートリアル »

Audialsで録音した音楽をiPhoneやiPadに送る方法


Audialsの便利な機能をもっと使いこなそう!!

自分の好きなデバイスで音楽を楽しみたい!!

Audials のインターネット上から「音楽の保存」機能で録音した音楽を iTunes を通して、iPhone と iPad に送る方法をご紹介します。簡単に自分の好きなデバイスに送って、自分だけのコレクションをいつでも好きな場所で聴きましょう。
① 既に保存してある音楽を変換して iTunes へ直接保存する方法、② 録音時に直接 iTunes に保存されるように設定する方法、③ 音楽ライブラリにある変換済みの音楽を iTunes に送る方法、の 3 つの方法をご紹介します。

1、既に保存してある音楽を変換してiTunesへ直接保存する方法

①「総合コンバーター」セクションの中の「変換」をクリック
②「+ファイル」をクリックし、「ファイルの追加」を選択
③「ミュージック・ライブラリ」の中から「Audials」を選択し、「Audials Recorded Music」から好きな音楽を選択

④上の画像のように変換する音楽が揃ったら、「出力形式」をクリックし、「iPhone / iPad / iPod」への変換を選択し、「OK」をクリック

⑤次に「出力」の「ストレージ」を「iTunes」にする。
【ストレージにiTunesを追加する方法はこちら→保存先をiTunesにする方法

⑥設定が完了したら「開始」をクリックする。
⑦変換が完了すると自動的にiTunesの音楽コレクションの中に追加される!!

この方法では、既に音楽配信サービスから録音した音楽の変換作業が終わったら、自動的に追加されています。わざわざAudialsからiTunesに送る作業をしなくても、あとはiPhoneやiPadと同期させるだけでOK!!

2、録音時に直接iTunesに保存されるように設定する

音楽を録音と同時に、iTunesに自動的に録音したファイルが保存されるように設定することもできます。
録音時の段階で、変換プロファイルをMP4(MPEG4)形式にしておくと、iPhone等にシェアする際ファイル変換の手間がかかりません。 また、保存先を「iTunes」に設定すると、録音・録画したものが直接iTunesに保存されます。
Audialsで録画・録音した動画や音楽をiPhone等で視聴することの多い方は、ぜひ設定してみてください。

3、音楽ライブラリにある変換済みの音楽をiTunesに送る

既に「メディアセンター」の「音楽」ライブラリの中に入っている変換済みの音楽をiTunesに送りたい場合は、下の画像のように「コンピュータ」から送りたい音楽を選択し、「インポート/エクスポート」を「iTunes」にし、「コピー」をクリックします。コピーが終了するとiTunesに音楽が追加されています。


Razer Blade Stealth - Core i7と4K液晶搭載の12.5型Ultrabook™超薄型ノートパソコン