» Audialsチュートリアル »

Apple Musicの動画を保存する方法


退会後もApple Musicの動画を楽しむ方法

Audialsを活用してApple Musicを最大限に楽しみたい!!

Apple Musicの動画をAudialsを使って録画すると、無料体験期間が過ぎてMy Music上に保存した動画が見れなくなっても、iTuens上に好きな動画を残しておくことができます。またApple Musicには、限定配信というものがあります。例えば先日歌手のテイラー・スウィフトがApple Musicで自身の世界ツアーである「1989 World Tour」のライブ映像の独占配信を開始し、話題となりました。Apple Musicに登録中は、ビデオは自分のプレイリストにダウンロードすることもできますが、それだと退会した時に見られなくなってしまいます。しかしAudialsを使って保存すると、Apple Musicを退会した後でも動画を楽しむことができます。その方法をご紹介します。

Apple Musicの動画を録画する方法

①Audialsを開き、「ストリーミング」セクションから「動画の保存」を選択する
②録画を始める前に、右下の「ストレージ」を「iTunes」に設定する。
→音楽の保存先を「iTunes」にする方法

③「動画の録画」のボタンを押し、「録画方法を選択」から、「動画を手動で選択」を選ぶ
④Apple Musicを起動し、好きなビデオを再生する
⑤右上に表示される「録画」をクリックし、録画を開始する。

⑥録画が終了すると自動的にiTunesに追加される。

好きな動画をずっと自分のコレクションに

この方法を使えば、Apple Musicを退会しても、好きなビデオを残すことができます。録画した動画は、自動的にiTunesのビデオに追加されるので、自分のiPhoneやiPadと同期すれば、好きなときに好きな場所でビデオを楽しむことができます。また動画をDVDに焼くこともできます。Apple Music独占配信のテイラー・スウィフトの「1989 World Tour Live」も、Audialsを使って永久保存することができます。ぜひAudialsを使って工夫して、Apple Musicを最大限に楽しみましょう。

Apple Musicとは

Apple社が提供する月額980円の定額制音楽ストリーミングサービス。様々な機能で日に日にユーザー登録数が増えている。「For You」では、自分だけのためにカスタマイズされたオススメアーティストやプレイリストが表示される。「Connect」では好きなアーティストの最新情報を手に入れることができ、アーティストが自分の作品、インスピレーションなどをファンへ配信する機能。アーティストの投稿にコメントを残すこともでき、他のSNSにはないファンとアーティストの交流ができる。リスナーだけでなく、ミュージシャンのための機能でもある。またラジオ機能では、厳選されたトップDJによって毎日24時間、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから最新のヒットチャートが世界100か国以上に向けてオンエアされている。
ストリーミング配信が開始されるとき、アメリカの大物歌手であるテイラー・スウィフトが定額制の音楽配信だとしても、「アーティストにはきちんと報酬が支払われるべきだ」として、Apple Musicへの自分の楽曲の提供を断ったことでも話題となった。その後、Apple Music側が、無料お試し期間中であってもアーティストへの報酬を支払うというルール変更を発表し、テイラーはApple Musicでの楽曲の提供を開始した。そこで2015年12月には、テイラー・スウィフトが行っていた「1989 World Tour」のライブ映像の独占配信を発表し、さらに注目を集めた。

※動画の録画につきましては、動作検証がされておりますが、各サイトの仕様は日々変更されており、すべての環境での動画保存を保証するものではございません。
※Apple Musicなどの音楽配信サービスのコンテンツは著作権を有しています。あくまで個人の鑑賞用であり、無断での転用は禁じられています。またAudialsはApple Musicとの提携は結んでおらず、こちらのコンテンツはお客様の使いやすさ向上のためのページであり、本製品を宣伝するものでは一切ございませんのでご了承ください。


Razer Blade Stealth - Core i7と4K液晶搭載の12.5型Ultrabook™超薄型ノートパソコン