» Audialsチュートリアル »

Apple Musicから音楽を保存する方法


Apple MusicとAudialsを併せて使ってもっと音楽を楽しもう!

Apple Musicを退会してもダウンロードした音楽を楽しみたい!!

今人気のApple Musicの3か月無料体験期間、退会してしまうと、My Music上にダウンロードした音楽を聴けなくなってしまいますが、Audialsを使ってiTunes上に録音・保存しておいて解約後でもiPhone、iPadなど他のデバイスで音楽を楽める方法をご紹介します。Apple社が提供する定額音楽ストリーミングサービスApple Musicには音楽をMy Music上にダウンロードすると、オフラインでも聴くことができるというとても魅力的な機能があります。しかし自分のものになったような気になる音楽も、無料体験期間が過ぎると幻のように消えています。そこで、Audialsを使ってApple Musicの音楽を永久に残しておく方法をご紹介します。

Apple Musicから音楽を保存する方法

【STEP 1】音楽の保存先をiTunesに設定する

①「ストリーミング」セクションから「音楽の保存」を選択。
②「形式」をクリックし、「オリジナル形式が利用可能な場合のプロファイル」の中から「iPhone、iPad、iPod(AAC/MP4形式)」を選択する。

③次に「ストレージ」をクリックし、「ファイル名、ダイレクトリの設定」をクリック。
④「録画・録音の出力フォルダ」の音楽フォルダの横の「・・・」をクリックし、「マイミュージック」の ファイルの中から「iTuensに自動で追加」を選択する。

⑤下の画像のようになっていればiTunesに音楽を送る準備完了!

【STEP 2】Apple Musicから音楽を保存する方法

①「音声・音楽の録音」をクリックし、クイックスタートオプションの中から「Apple Music」を選択

②Apple Musicを起動し、好きな音楽を再生すると自動で録音が開始される

③録音が完了すると、Audials上のメディアセンターはもちろん自動でiTunesにも保存されている。

Audialsを使えばApple Musicの音楽をずっと楽しめる

上記の方法でAudialsの録音機能を使えば、音楽を流しながら録音するだけでApple Musicを解約した後も好きな音楽を楽しむことができます。AWAやLINE MUSICなど様々な定額音楽ストリーミングサービスがしのぎを削る中、Apple Musicには、世界中の様々なジャンルの音楽を最大限楽しむための便利な機能も揃っています。Audialsでこの方法を使って音楽を保存したら、それをCDに焼くこともできます。是非Audialsも使ってもっと自由にエンターテイメントを楽しみましょう。

Apple Musicとは??

Apple社が提供する月額980円の定額制音楽ストリーミングサービス。様々な機能で日に日にユーザー登録数が増えている。「For You」では、自分だけのためにカスタマイズされたオススメアーティストやプレイリストが表示される。「Connect」では好きなアーティストの最新情報を手に入れることができ、アーティストが自分の作品、インスピレーションなどをファンへ配信する機能。アーティストの投稿にコメントを残すこともでき、他のSNSにはないファンとアーティストの交流ができる。リスナーだけでなく、ミュージシャンのための機能でもある。またラジオ機能では、厳選されたトップDJによって毎日24時間、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンのスタジオから最新のヒットチャートが世界100か国以上に向けてオンエアされている。

※音楽の録音につきましては、動作検証がされておりますが、各サイトの仕様は日々変更されており、すべての環境での音楽保存を保証するものではございません。
※Apple Musicなどの音楽配信サービスのコンテンツは著作権を有しています。あくまで個人の鑑賞用であり、無断での転用は禁じられています。またAudialsはApple Musicとの提携は結んでおらず、こちらのコンテンツはお客様の使いやすさ向上のためのページであり、本製品を宣伝するものでは一切ございませんのでご了承ください。


Razer Blade Stealth - Core i7と4K液晶搭載の12.5型Ultrabook™超薄型ノートパソコン