» よくある質問 »

「インターネットから動画を保存する際、音ズレが起こります。これはバグでしょうか?」


音ズレが生じるときの対処法

インターネット上の動画を保存する際、保存した動画が音ズレする場合があります。 こういった作業において、このような現象は一般的に起こりえる現象ですが、しかしこれはパソコンの不具合、手順の間違い、ソフトのバグであるというよりも、動画処理の際のハードウェアの領域に起因する場合が殆どです。


このような場合、

●処理時におけるグラフィックボード、ビデオカードでの処理が追い付いていない
●特に画質が高い動画、サイズが大きい動画に関して、CPUの能力が不足している
●保存する元動画の、音声部のフレームレートが映像部のそれと異なる為に起こるもの

等が主に挙げられます。


またこうした場合、上記の理由からAudials側で対処可能な策は極めて限られますが、Audialsの画面左下にある「オプション」からオプションウィンドウを表示、 このウィンドウ左メニューから「変換と処理」を選択し、 「出力形式」ダイアログの「変換する」の箇所で「元の形式を保持しながらすばやく処理中」に切り替え、作業に変化が現れるか確認もできます。


しかしながらこういった現象が認められる場合、他の動画の保存時との比較を行い、加えてお使いのパソコンの環境、動画を扱う他のソフトにがインストールしてある場合はそれらによる競合等をご確認下さい。


Razer Blade Stealth - Core i7と4K液晶搭載の12.5型Ultrabook™超薄型ノートパソコン